×

大谷翔平 1安打&申告敬遠から今季8個目盗塁 乱闘で監督代行ら9人出場停止の緊急事態 一丸逆転で連勝

[ 2022年6月28日 13:22 ]

ア・リーグ   エンゼルスーホワイトソックス ( 2022年6月27日    アナハイム )

<エンゼルス・ホワイトソックス>3回、大谷は右前打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は27日(日本時間28日)、本拠地でのホワイトソックス戦に「3番・DH」で先発出場。3回の第2打席で2試合ぶりとなる右前打を放ち、3打数1安打2三振。前日のマリナーズ戦での大乱闘をめぐってフィル・ネビン監督代行(51)らが出場停止処分となる事態に見舞われたが、チームはホワイトソックスに4-3で逆転勝ち。連勝した。

 第1打席は空振り三振。3回の第2打席でホワイトソックスで3年連続開幕投手を務める先発右腕ジオリトが投じたスライダーをとらえて右前打。第3打席は空振り三振、7回の第4打席は申告敬遠だった。申告敬遠で出塁後は重盗で今季8個目の盗塁を決めた。

 前日のマリナーズ戦では8人が退場となる大乱闘が発生。大リーグ機構は両軍合計12人に出場停止処分を科した。ネビン監督代行には10試合の出場停止処分が科され、この日はモンゴメリーベンチコーチが指揮した。

 試合前、大谷は29日(同30日)の同戦先発に向けキャッチボールなどで調整した。現在、投手としては3連勝中。7勝目を目指すマウンドになる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月28日のニュース