×

阪神・近本 19試合連続Hで自己最長を更新 二走・中野がクロスプレーで捕手と激突

[ 2022年6月22日 19:05 ]

セ・リーグ   阪神ー広島 ( 2022年6月22日    マツダ )

<広・神>3回、近本は中前適時打を放つ(投手・遠藤)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神が0―1の3回に、近本の自己最長を更新する19試合連続安打で一時同点に追いついた。2死から中野の左前打と島田の四球で一、二塁と広島先発の遠藤を攻め立て、近本が4球目の直球を仕留めて中堅前へ運んだ。

 二塁から中野が本塁生還を狙ってクロスプレーに。捕手・会沢と本塁ベース付近で交錯する形になり、中堅手からの返球のボールも中野の顔面付近に当たった。状態が心配されたが、自ら歩いてベンチに下がり、直後の守備も出場を続けている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月22日のニュース