×

【阪神・矢野監督語録】ガンケルは好投「責めることはないけど、5回の山崎の四球がもったいない」

[ 2022年5月20日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0-3ヤクルト ( 2022年5月19日    神宮 )

<ヤ・神>7回無死、糸井(中央)が二飛に倒れ、がっくりの矢野監督(撮影・平嶋 理子) 
Photo By スポニチ

 【矢野監督語録】

 ▼小川には前回も抑えられた 今日の方が良かったかなという感じには見えた。コースも結構いいところに来ているし。球の切れもあるような感じには見えたけど。まあ、そんなことばっかり言っていても仕方がないんで。

 ▼7回の適時失策が痛い うん、まあそうやね。流れの中でも大きな点になったし。負けの1敗も痛いけど、それ(佐藤輝の三塁守備)を克服していくしかないよね。ポジショニングプラスね。

 ▼ガンケルは安定感があった 責めることはもちろんないんだけど、結果から振り返ると、あの(5回の山崎の)四球がもったいないな、というね。山田の打球もきょうは風が強めに吹いていたんで、若干、高いかなというところで、あそこまで持っていかれたのかなとは思うけど。その前の山崎の四球かなと。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月20日のニュース