×

阪神・ガンケル「制球が甘くなった」6回1失点も援護なし…ヤクルト戦2年ぶり黒星 

[ 2022年5月20日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0-3ヤクルト ( 2022年5月19日    神宮 )

<ヤ・神>3回、ピンチをしのぐも渋い表情を見せるガンケル(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・ガンケルの慎重さが裏目に出た。0―0の5回2死。粘っこい2番・山崎を追い込みながら、際どいコースを2球見られて四球を出した。そして前の試合で猛打賞の3番・山田に甘く入ったスライダーを左中間二塁打にされ、先制点を許した。

 矢野監督が残念がったのは、山崎を歩かせたことだった。「2死から、長打のないバッターやから。責めることはないけど、結果から振り返るとあの四球がもったいない」。本塁打が出やすい神宮とはいえ、キャリア通算5本塁打の相手には、大胆な攻めが必要だったか。技巧派の助っ人右腕も、ターニングポイントを自覚し「全体的な出来は悪くなかったと思う。ただ、失点したイニングに2死から四球を与えてしまったように、ところどころで制球が甘くなってしまった」と悔しさをにじませた。

 ツバメキラーの期待がかかっていた。今季初勝利は4月24日のこのカード。20年11月5日に中継ぎで白星を挙げて以降、この日の試合前まで4連勝中と好相性を誇った。

 雨天中止の影響もあって中13日の登板間隔で臨んだマウンドでも、首位相手に6回4安打1失点の好投を展開した。しかし打線の援護がなく、20年8月23日に中継ぎで黒星を喫して以来、ヤクルト戦2年ぶりの敗戦。先発の仕事を果たしながらも、なかなか勝利の女神がほほえんでくれない。今季4敗目は、歯がゆさが残った。(倉世古 洋平)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月20日のニュース