×

【ファーム情報】巨人・畠が1勝目 中田は4号ソロ ソフトB・デスパイネが1号2ランなど2安打

[ 2022年5月7日 17:55 ]

巨人・中田
Photo By スポニチ

 プロ野球のファームは7日、日本ハム―ロッテ戦(鎌ケ谷)がコロナ禍の影響で中止。イースタン、ウエスタン両リーグで計4試合が行われた。

 楽天はDeNA戦(ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉)で毎回の15安打を放って5―0。育成選手の釜元が3安打2打点、マーキが3安打。先発・辛島が6回2安打無失点で無傷の3勝目を挙げた。DeNA先発・阪口は5回2/3を13安打5失点で3敗目(2勝)。

 巨人はヤクルト戦(ジャイアンツ)に8―3。中田が5回に4号ソロ、石川が8回に1号3ラン。ウレーニャが3安打を放った。先発・畠は6回3安打無失点で1勝目。ヤクルト先発・嘉手苅は4回6安打4失点(自責3)で1敗目(1勝)。

 阪神は中日戦(甲子園)の延長10回、3―2でサヨナラ勝ち。10回2死で江越がサヨナラの左中間二塁打を放った。江越は2安打。ドラフト6位・豊田(日立製作所)が7回の2号ソロなど3安打。先発・佐藤は5回1安打8奪三振で無失点の好投。中日先発の育成選手・松木平は5回1/3を4安打1失点。

 ソフトバンクはオリックス戦(豊中)に7―4で逆転勝ち。先発・奥村は4回7安打4奪三振で4失点。デスパイネが3回に1号2ランなど2安打、真砂が7回に3号ソロを放った。オリックス先発の育成選手・東は6回5安打3失点。育成選手の大里、若月が2安打1打点。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月7日のニュース