“ハマのフェラーリ”DeNA・森の実戦復帰、大幅遅れ…最短でも6月上旬か

[ 2022年4月30日 05:30 ]

DeNA・森敬斗
Photo By スポニチ

 DeNAの高卒3年目、森敬斗内野手の実戦復帰と1軍昇格が大幅に遅れることになった。

 遊撃手での開幕スタメンが期待されていた森は、2月27日の巨人とのオープン戦(那覇)で走塁中に転倒。右ハムストリングの肉離れと左足首のねん挫を発症した。

 当初の予定では5月上旬の実戦復帰が見込まれていたが、調整が遅れ現在はまだ実戦形式の練習に参加できていない状況。今後も慎重な調整が続く模様で、最短でも6月上旬での実戦復帰となり、1軍昇格も大幅にずれ込むことが予想される。

 俊足巧打で“ハマのフェラーリ”と呼ばれる20歳が負傷した際には三浦大輔監督は「(離脱は)痛いですよ」と神妙な面持ちだった。現在、遊撃手はベテランの大和や柴田らが務めているが、指揮官の中では伸び盛りの森を今季の正遊撃手として成長させる思惑もあったため、大幅な出遅れには落胆の思いも強いはずだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月30日のニュース