×

日本ハム・新庄監督 一丸でつかんだ白星 就任後初マウンド、初連勝、初零封勝ち

[ 2022年4月12日 21:01 ]

パ・リーグ   日本ハム3ー0西武 ( 2022年4月12日    ベルーナD )

<西・日>7回、山田の内野ゴロで外崎が本塁セーフになったプレーにリクエストを要求し、アウトに覆り大喜びの新庄監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 新庄ビッグボスが、まさにチーム一丸で就任後初の連勝をつかみ取った。先発・加藤が6回2/3無失点と試合をつくると、継投もピタリとはまり、今季初の零封勝ち。打線も3試合連続で先制点を挙げるなど、少ない点数ながら終始、先手を取った。

 勝負どころで激しく動いた。2-0で迎えた7回1死一、三塁。加藤が打者・山田を三ゴロに打ち取り、三塁手・野村が本塁へと送球。球審のセーフの判定に新庄監督は大きな身振りでリクエストのジェスチャーを見せた。リプレー検証の結果、判定は覆ってアウトに。両手でつくったビッグボスポーズを掲げて大喜び。林ヘッドコーチにウェアをつかまれ、制止されるほどだった

 失点を防ぐと、2死一、二塁で加藤から2番手・玉井へとスイッチ。自らマウンドへと足を運び、ナインに対して言葉を送ると、ブルペンから駆けてくる玉井を待ち受けた。投手交代でマウンドに行くのは就任後、初めてのこと。玉井にボールを手渡し、さっそうとベンチへと戻っていった。

 玉井が代打・栗山を空振り三振に仕留めると、8回は堀、9回は新人の北山を送って逃げ切った。先発・加藤は今季初勝利。3試合目の4番に起用した松本剛は3安打1打点2盗塁の活躍だった。投打と監督のタクトががっちりとかみ合っての勝利だった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月12日のニュース