×

浦和学院・森士前監督「食と野球」地域貢献タッグ「こども食堂応援プロジェクト」始動

[ 2022年4月8日 05:30 ]

「こども食堂応援プロジェクト」を始動した(左から)浦和学院・森士前監督、レジデンシャル不動産・内田廣輝代表取締役、BC埼玉・角晃多球団社長
Photo By スポニチ

 浦和学院(埼玉)の前監督、森士(おさむ)氏(57)が理事長を務めるNPO法人ファイアーレッズメディカルスポーツクラブとBCリーグ埼玉、レジデンシャル不動産が7日、さいたま市内で「こども食堂応援プロジェクト」を始動させた。

 レジデンシャル不動産が支援してきた「こども食堂」の利用者にスポーツ指導を行いスポーツの素晴らしさを伝えるのが目的で、今年は1、2回の野球教室を予定。森理事長は「お互いのいいところを出し合って地域への社会貢献ができたらと思った」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月8日のニュース