鈴木誠也 マツダスタジアム訪れチームメートらに別れのあいさつ 移籍交渉は中断されたままも

[ 2022年1月25日 21:02 ]

メジャー移籍を目指す鈴木誠也
Photo By スポニチ

 広島からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す鈴木誠也外野手(27)が25日、今年初めてマツダスタジアムを訪れ、球団幹部やチームメートらに別れのあいさつをした。

 大リーグの労使決裂の影響で、移籍交渉は中断されたままだが、鈴木誠は前だけを向いた。

 「(球団が)決まっていないので、気持ちの入り方も今までとは違う感覚。どこにモチベーションを持っていけばいいのかなと思うけど、メジャーでケガなくやれるようにイメージしてやりたい」

 今後は広島球団の施設を利用する予定はなく、トレーニングを続けながら、まずは新労使協定の合意を待つ。体の仕上がりについては「今のところ全然悪いところもないですし、いい状態ではやれています」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月25日のニュース