×

ロッテ・ドラ3広畑 4スタンス理論で“ダル型”「どうしたら効率よく力を伝えられるか再認識」

[ 2022年1月20日 05:30 ]

ロッテの広畑
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト3位・広畑(三菱自動車倉敷オーシャンズ)はパドレスのダルビッシュらと同じ「A1型」に分類された。「元々、高校時代に4スタンス理論を聞いたことがあった。(広戸)先生に直接説明していただいて、どうしたら効率よく力を伝えられるか再認識できた」。広戸氏は「弱点を直すことが主になって、いいところが消えてしまうことがある。自分の体のリズムとかを大切にしてくださいというのが今日のテーマ」と説明した。

 ▽4スタンス理論 人間にはそれぞれ生まれ持った身体特性があり、適切な使い方は4種類あるという理論。スタンス(立ち方)は自然に重心位置が異なり、それを「爪先側(A)」「かかと側(B)」「内側(1)」「外側(2)」のA1、A2、B1、B2の4タイプに分類する。それぞれに合う体の動かし方で、最大限の力が出せるとされる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月20日のニュース