×

ロッテ育成4位・村山 “幕張のアジャ”目指す 井上級のパワー備える強打の捕手

[ 2022年1月19日 05:30 ]

パワーを備えた捕手を目指す村山
Photo By スポニチ

 【22年度球界新士録(4)】昨年11月、村山と入団の契約を交わした永野吉成アマスカウト部長(現統括コーディネーター)は「こんな近くに、こんなにいい選手がいた」と笑った。それもそのはず。高校通算38本塁打の大型捕手の村山は「学校から歩いて行ける距離で、試合を見に行くこともあった」と振り返る。母校の幕張総合からZOZOマリンまで、わずか1・9キロ(徒歩30分)という距離だった。

 高校時代の異名は「幕張のアジャ」。現在の体重は高校時代の112キロから106キロと少しスリムになったが「アジャ」のニックネームで親しまれる先輩の井上をほうふつさせる巨漢ぶりに、ファンは2人の姿を重ねた。

 「幕張のアジャは結構、気に入っていました」と村山。昨年12月10日の新入団発表の翌11日にはロッテ浦和球場で井上と念願の初対面を果たした。自己紹介のあいさつをすると先輩からは「これからよろしく!」と優しく声を掛けてもらった。

 当面の目標は支配下登録だが、将来は18、19年に24本塁打をマークした井上級のパワーを備える強打の捕手を目指す。同期のドラフト1位には同じ捕手で高校通算43本塁打を誇る松川(市和歌山)がいる。「経験の差があると思う。(昨年の)夏の大会も初戦で負けたので150キロの球も試合で打てたことがあまりない。そういうところが一番劣っている」と自己分析する。

 ここまでの新人合同自主トレは順調だが、唯一の不安がある。「寮のご飯がおいしい。1杯でやめるようにしているけど…」。体を絞ってきただけに、笑いごとではなかった。(横市 勇)

 ◇村山 亮介(むらやま・りょうすけ)2003年(平15)11月12日生まれ、千葉県出身の18歳。中学時代は千葉西シニアに所属。3年夏の「マリーンズカップ(千葉県中学生硬式野球大会)」では「7番・捕手」で出場し、ZOZOマリンで行われた決勝では適時打も記録。幕張総合では1年秋からレギュラーで高校通算38本塁打。1メートル86、106キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月19日のニュース