×

西武ドラ1左腕・隅田が初ブルペン21球「順調に来ている」

[ 2022年1月14日 12:48 ]

<西武・新人合同自主トレ>ブルペン投球する隅田(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武のドラフト1位・隅田知一郎投手(西日本工大)が14日、新人合同自主トレ中の埼玉県所沢市内の球団施設で初めてブルペン入り。「5割くらいの力」で変化球も交えて立ったままの捕手に21球を投げ込んだ。

 「プロ仕様の硬いマウンドなので全身を使って、(球が)抜けないようにリリースを意識した」

 昨秋ドラフトで西武、広島、巨人、ヤクルトの4球団が1位競合した大学ナンバー1左腕。西武の新人では一番乗りでのブルペン投球で「ここまで順調に来ている」と手応えを口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月14日のニュース