×

中日・立浪監督がドラ2・鵜飼を絶賛 「あれだけ振れるというのはね。非常に魅力ある選手」

[ 2022年1月14日 05:30 ]

キャッチボールで汗を流す鵜飼(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の新人合同自主トレが13日、気温6度のナゴヤ球場でスタートした。視察した立浪和義監督(52)は室内でのティー打撃で鋭いスイングを見せたドラフト2位・鵜飼航丞外野手(22=駒大)に熱視線を送った。

 「実際打つボールとは違うが、特に鵜飼なんてあれだけ振れるというのはね。非常に魅力ある選手だなと思った」

 室内も凍えるような寒さだったが、大きなフォロースルーの打撃フォームから放たれた打球音は一際大きく、大砲としてのポテンシャルの高さを感じさせた。

 1、2軍キャンプの振り分けはきょう14日のスタッフ会議で決定する。指揮官は「ルーキーも10年目も20年目もキャンプに入ったら一緒。ルーキーだからといって特別なことはない」と改めて“競争”であることを強調した。

 鵜飼は「初日に全力でいけるように準備したい。実戦でしっかり結果を出して、長距離砲として存在感を出していきたい」と意欲を見せた。(中澤 智晴)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月14日のニュース