×

阪神ドラ2・鈴木、佐藤輝&近本斬り誓った! キャンプ実戦へ準備着々、内角えぐるシュート系を予告

[ 2022年1月14日 05:30 ]

笑顔でキャッチボールを行う鈴木(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神ドラフト2位・鈴木勇斗投手(21=創価大)が13日、鳴尾浜球場で新人合同自主トレに参加し、1軍メンバー入りが内定している今春キャンプ中の実戦での佐藤輝、近本ら1軍主力斬りによるアピールを見据えた。

 「佐藤輝明さんとか近本さんとか本当に左打者も右打者もたくさん、いい打者がいる。真っすぐとか変化球とかを試して行きながら思い切って勝負していって…抑えたらアピールになると思うので、真剣勝負というか真っ向勝負していきたい」

 即戦力として期待がかかる左腕が、開幕1軍へと向かう青写真を描いた。持ち味はカーショー(ドジャースFA)を参考にしたフォームから繰り出す、最速152キロ直球。大学時代はその最大の武器と切れ味鋭いスライダーを外角に集めて手玉に取り「(対左は)どっちかと言うと得意」と胸を張る。ただ、これからの相手はプロ。しかも、試金石とするのは猛虎打線の主力級だ。そこで「新兵器」の準備も進めている。

 「プロの打者だと外ばかりだと簡単に打たれてしまう。内の勝負も必要になる。シュート系というか、こっち(左打者の内角)のボールを習得したいと思っています」

 候補はツーシーム、チェンジアップなど左打者の内側を突く球種となる。「担当スカウトの吉野さんに教わったりしている。高橋遥人さんとかいろいろ教えてもらえたらと思います」と意欲満々だ。

 春季キャンプでのアピールに向け、今は土台固めの日々。満を持して17日からの新人合同自主トレ第3クールでブルペン投球を開始し、戦闘準備を整えていく。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月14日のニュース