日本ハムドラ1・達がSNS自粛宣言「使いたい気持ちはある」も足元見つめ「まずは球団で結果を残す」

[ 2022年1月13日 05:30 ]

新人研修会 ( 2022年1月12日 )

オンラインで新人研修を受講する日本ハムのドラフト1位・達(手前)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位の達(天理)は当面のSNS自粛を宣言した。「SNSの使用モラルと危険性について」の講義を受講。「使いたい気持ちはある」としつつ「いろいろな面から見て責任を背負って使えるかと言われたらまだ使えない」と慎重に開始時期を見極める考えだ。

 新庄監督は自身のSNSを駆使して選手への技術指導などを行うなど有効活用。だが、達はまず野球に専念することが優先事項と判断した。井端氏が新人選手に対して侍ジャパン入りを期待していたことについても「まずは球団で結果を残すこと」と足元を見つめていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月13日のニュース