日本ハム自由契約の鈴木遼太郎 社会人野球のエイジェックで現役続行

[ 2022年1月13日 05:30 ]

日本ハムを自由契約となった鈴木遼太郎投手
Photo By スポニチ

 日本ハムを自由契約となった鈴木遼太郎投手(25)が、昨年の都市対抗に初出場を果たした社会人野球のエイジェック(栃木県小山市)で現役続行することが12日、分かった。

 鈴木は石巻西―東北学院大から17年ドラフト6位で日本ハム入り。プロ2年目の19年に1軍初登板を果たしたが、1軍登板はこの1試合のみ。20年オフに戦力外通告を受け、21年は育成選手としてプレーしたが、オフに2度目の戦力外通告を受けていた。

 その後、現役続行を目指してトライアウトに参加。極寒の中、最速は143キロも3者凡退で2三振に打ち取り、登板後は「次のステップは新しい気持ちで頑張りたい」と話していた。NPBで4年間プレーした鈴木が2年連続で都市対抗出場を狙うエイジェックに自身の経験を還元し、勝利に貢献する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2022年1月13日のニュース