ロッテドラ2・池田 右の福浦になる!習志野の大先輩と対面で刺激「オーラあった」

[ 2022年1月12日 05:30 ]

室内で打ち込む池田(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト2位・池田(国士舘大)が「右の福浦」を目指す。新人合同自主トレ2日目は雨天のためロッテ浦和球場の室内練習場で実施。逆方向への長打が持ち味となる強打の二塁手は、前日に母校・習志野の大先輩である福浦打撃コーチと対面し「一緒に頑張ろう!」と声をかけられ「オーラがあって、偉大な方だな」と実感を込めた。

 右打ちと左打ちの違いはあるが、同じ内野手で広角に打てるスラッガーと共通点は多い。「福浦さんの記録を超したいという気持ちもある。高みを目指したい」と通算2000安打のレジェンド超えも見据え「僕も福浦さんのような存在になりたい」と誓う。この日は打球をはじき返すスイングにも自然と力がこもった。(横市 勇)

 ≪OB藤田氏がアカデミーコーチ就任≫ロッテは11日、球団OBの藤田宗一氏(49)が小・中学生を対象としたマリーンズ・ベースボールアカデミーのテクニカルコーチに就任したと発表した。巨人、ソフトバンクにも在籍した同氏はタフネス左腕として通算600試合に登板し、19勝21敗8セーブ77ホールド、防御率3.89。ロッテ時代は小林雅英、薮田安彦と「YFK」と呼ばれて05年の日本一に貢献し、06年のWBCでは日本の世界一にも貢献した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月12日のニュース