×

松坂大輔さん 東尾さんも「早よ言えよ~」と驚いた西武に1位指名された時の“心の中”23年後の真実

[ 2021年12月18日 19:15 ]

プレゼンターの東尾修氏(右)から花束を受け取り笑顔の松坂(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 今季限りで現役を引退した元西武の松坂大輔さん(41)が18日放送の、文化放送特別番組「東尾修&松坂大輔対談~ボールに託す想い」(土曜後6・00)に出演。98年に3球団競合の末に交渉権を引き当て、自らの200勝ボールを手渡し西武入りへ口説き落とした当時の監督で、それから今に至るまで変わらぬ師弟関係を築いてきた東尾修氏(71)と引退記念特番と題し対談した。

 番組中盤、大事なプロ1年目、西武に入団して投手出身の東尾監督に出会えて良かったとしみじみ語った松坂さん。ここで番組進行役の斉藤一美からアナウンサーから「最初、横浜ベイスターズ志望でしたよね」と話を向けられた松坂さんは「志望というか…その流れで行くのが自然というか、横浜での3年間で成長できた育ててもらったという気持ちがあったので、そのままベイスターズに入るのがみんなが喜んでくれること、だと当時は思っていました」と振り返った。続けて斉藤アナは「ライオンズがドラフトで1位指名した時の何とも言えない表情がライオンズファンとしては忘れられないんですよ、どう捉えていたんですか」と聞くと松坂さんから驚きの言葉が飛び出した。

 「あの時は、僕はもともと西武ファン、ジャイアンツファン…桑田さん、清原さんを見て育ってきたのでライオンズは好きなチームでしたし…」

 すると松坂さんが話している最中に、話を聞いていた東尾さんが食い気味に

 「早よ言えよ~それ~、そしたら俺ボール(自身の200勝ボール)持って帰ったのに、早よ言えよ~ふふふふふ」と笑った。

 早よ言えよと突っ込まれた松坂さんは「いや、言えなかったですね。ライオンズは好きな球団なんで入る前提で考えたいとかは言えなかったですね。思っていましたけど。好きだけど行っちゃいけないのかな」と周りの(横浜高校から横浜ベイスターズにとういう)期待を理解していただけに、当時高校生の自分には、すぐに「(西武に)行きたい」とは言えなかった“空気”“雰囲気”だったことを懐かしそうに明かした。

 

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月18日のニュース