×

西武・外崎 次回WBCに「意欲的」姿勢、腓骨骨折で出場できなかった東京五輪の分も

[ 2021年12月18日 05:30 ]

西武・外崎
Photo By スポニチ

 西武の外崎が侍ジャパン復帰を見据えた。

 内外野をこなすユーティリティー性を買われ、稲葉前監督時代は代表の常連も、4月に左腓骨(ひこつ)を骨折した影響で今夏の東京五輪は出場できず。シーズンも打率.220、5本塁打、19打点に終わった。

 23年に次回WBCが予定されており「この成績で言うのも恥ずかしいけど意欲的な気持ちはある」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月18日のニュース