ロッテ中森俊介は現状維持「悔しかった」 秋の実戦登板は井口監督も絶賛

[ 2021年12月8日 15:54 ]

初勝利と書いた色紙を手にする中森(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテの1年目右腕・中森俊介投手(19)が現状維持の年俸720万円で契約更改した。

 「公式戦で1試合も投げられなかったののは悔しかった」

 昨年ドラフト2位で兵庫・明石商から入団。高3時は春夏甲子園でチームを4強入りに導いた。1年目の今季は体力づくりに専念し、2軍でも登板はなかった。

 秋のフェニックスリーグでは初めてNPB球団を相手に実戦登板し、井口監督も「いいですね」と絶賛していたという。1年先輩の佐々木朗も2年目の今季にプロ初勝利を挙げるなどローテ入りした。中森も「朗希さんに限らず、2年目に活躍される方は多い。自分も波に乗れるように頑張りたい」と前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月8日のニュース