ヤクルト A・J・コール獲得 メジャー109戦登板、先発ローテを強化

[ 2021年12月8日 05:30 ]

ヤクルトが獲得したA・J・コール
Photo By ゲッティ イメージズ

 ヤクルトは7日、新外国人として今季ブルージェイズでプレーしたA・J・コール投手(29)の獲得を発表した。1年契約で、年俸は80万ドル(約9120万円)プラス出来高払い。背番号は63に決まった。

 1メートル93の長身で、150キロ前後の直球を投げる右腕。メジャー通算109試合登板を誇り、今季は全て救援で6試合に登板して防御率1・13、1セーブを挙げた。先発として期待されており、球団を通じて「自分の最大限の力をスワローズの勝利に発揮できるよう努力してまいります」とコメントした。

 また、球団はドミンゴ・サンタナ外野手(29)と年俸170万ドル(約1億9380万円)で新たに1年契約を結んだと発表。来日1年目の今季、116試合で打率・290、19本塁打、62打点と活躍した。

 ◇A・J・コール 1992年1月5日生まれ、米フロリダ州出身の29歳。10年ドラフト4巡目でオビエド高からナショナルズ入団。15年4月28日のブレーブス戦でメジャーデビュー。その後、ヤンキース、インディアンス、ブルージェイズなどでプレー。メジャー通算109試合に登板し、14勝10敗4セーブ、防御率4・51。1メートル93、105キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月8日のニュース