×

東京ガス・益田 左脇腹違和感でわずか1球で降板 チームの勝利に感謝

[ 2021年12月8日 05:30 ]

第92回都市対抗野球大会準々決勝   東京ガス4―3ENEOS ( 2021年12月7日    東京D )

<東京ガス・ENEOS>初回無死一塁、初球を安打されたところで、不調を訴える東京ガスの先発・益田(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 準々決勝2試合が行われ、4強が出そろった。東京ガス(東京都)はENEOS(横浜市)に4―3で逆転勝ちした。2点を追う4回、小野田俊介外野手(29)の左越え2ランなどで逆転。先発・益田武尚投手(23)が1球で降板するアクシデントを乗り越えた。

 緊急降板した新人右腕・益田は、チームの勝利に感謝した。先発マウンドに上がったが、左脇腹の違和感を訴え、わずか1球で降板。「ブルペンの途中までは良かったんですけど、迷惑をかけて申し訳ない。皆さんに感謝です」と話した。

 初回に緊急登板した明治安田生命からの補強選手、三宮が4回3安打2失点の好投を見せ、5回からは臼井が最後まで投げ抜いた。73球の力投に「僕自身、ここまで勝ち残るのは初めてなので、純粋にうれしい」と喜んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月8日のニュース