巨人戦力外の古川侑利 最速149キロと球威をアピール 12球団合同トライアウト

[ 2021年12月8日 13:09 ]

<プロ野球12球団合同トライアウト>力投する元巨人・古川(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 戦力外となった選手らを対象とした12球団合同トライアウトが8日、開催された。巨人から戦力外となった古川侑利投手(26)は、打者3人に対し、1安打だった。

 先頭の前楽天の片山博視に左前打されたが、前広島の高橋大樹を二飛、前DeNAの松尾大河を中飛に抑えた。最速は149キロをマーク。速球で空振りやファウルにするなど球威十分なところをアピールした。

 古川は13年ドラフト4位で楽天に入団し、19年に巨人にトレード移籍。今季1軍登板はわずか1試合に終わったが、イースタン・リーグでは、36試合に登板し、2勝1敗2セーブ、防御率2・18だった。1軍通算は48試合に登板して6勝14敗、防御率5・16。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月8日のニュース