中日・木下拓 中村紀流“長尺バット”で長打力アップ狙う「遠心力もつくので飛ぶ」

[ 2021年12月6日 05:30 ]

中日・中村紀コーチのバットで練習する木下拓
Photo By スポニチ

 今季チーム日本人最多の11本塁打を放った中日・木下拓が、中村紀コーチモデルの“長尺バット”で長打力アップを狙う。

 今季は34インチ(約86センチ)のバットを使用していたが、秋季キャンプ中に同コーチの35インチ(約89センチ)のバットを借りて練習したところ「違和感がなかった。同じように振れるなら長いバットの方が遠心力もつくので飛ぶ」と好感触。オフにブランドアンバサダー契約を結んだミズノ社に同じモデルを注文した。この日もナゴヤ球場で長尺バットで練習。「二塁打も増やしたい」と意欲を見せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月6日のニュース