×

楽天 立花義家氏を招へい ソフトバンクで柳田、栗原らを育てた手腕に期待

[ 2021年11月13日 05:30 ]

ソフトバンク・松田(右)に指導する立花義家氏
Photo By スポニチ

 楽天が、今季までソフトバンクの1軍打撃コーチを務めていた立花義家氏(63)を招へいすることが12日、分かった。選手に寄り添った熱血指導には定評があり、豊富な経験に裏打ちされた手腕に期待がかかる。

 立花氏はクラウンライター(西武の前身)と西武で77~91年にプレーし、阪神、台湾・俊国を経て93年に現役引退。98年からダイエーで指導者のキャリアをスタートさせ、オリックス、西武、ソフトバンク、ロッテで打撃コーチを歴任した。17年からソフトバンクの1軍打撃コーチを務め、今季限りでの退団が発表された。

 楽天は今季、チーム得点数がリーグ4位の532。自ら申し入れて退団した鉄平1軍打撃コーチの後任人事を進める中で、長谷川、中村晃、柳田、栗原らを育てた立花氏に白羽の矢を立てた。チームには辰己や渡辺佳、小郷、黒川、武藤といった若い左打者が多い。パ・リーグでの指導歴が長く、同一リーグの選手の特徴などを熟知している点も強みだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月13日のニュース