×

ロッテ 国吉が「セルフダブルプレー」 バント小飛球キャッチし、そのまま二塁踏む

[ 2021年11月6日 18:05 ]

パCSファーストS第1戦   ロッテ5-4楽天 ( 2021年11月6日    ZOZOマリン )

<CS1ロ・楽(1)>7回無死一、二塁、山崎剛の犠打を好捕した国吉は2塁ベースまで走って併殺とする(4) (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 「2021 パーソル クライマックスシリーズ パ」は6日、第1戦が行われ、2位・ロッテが9回、サヨナラで3位・楽天を5-4で破って先勝した。あす7日の第2戦に勝てばファイナルステージ進出が決まる。

 2点リードの7回、ロッテ2番手・国吉が1人で併殺を完成させる珍しい場面があった。

 四球と自らの悪送球で無死一、二塁のピンチ。楽天・山崎剛がバントで打ち上げた小飛球を、スライディングしながら捕球した。その間、二塁走者の辰己が飛び出しており、国吉はボールを持ったまま走って二塁を踏んで併殺を完成させた。

 2死までこぎつけたが、続く岡島、浅村と四球を許し、降板した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月6日のニュース