ブルージェイズ・セミエン43号 大谷と2本差 元巨人のジョンソンに並ぶ二塁手シーズン最多

[ 2021年9月27日 02:30 ]

ア・リーグ   ブルージェイズ6―1ツインズ ( 2021年9月25日    ミネアポリス )

43号本塁打を放ちベースを回るセミエン(AP)
Photo By AP

 ブルージェイズのセミエンが大谷へ2本差に迫る43号ソロを放ち、元巨人で当時ブレーブスのデーブ・ジョンソンが73年に放った二塁手のシーズン最多本塁打記録に並んだ。

 昨季まで在籍したアスレチックスでは遊撃を守っていたが、正遊撃手のビシェットに譲る形で二塁にコンバートされた。「まだ自分は遊撃手だと考えている」としながらも、「二塁でこれまで以上に打てたのだから良かったのだろう」と笑顔だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月27日のニュース