駒大ドラフト候補 鵜飼「思ったよりも飛んだ」バックスクリーン弾

[ 2021年9月14日 05:30 ]

東都大学野球第1週第1日   駒大7-1中大 ( 2021年9月13日    神宮 )

<駒大・中大>4回無死三塁、中越え2点本塁打を放つ駒大・鵜飼(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 駒大の今秋ドラフト候補に挙がる4番・鵜飼が、1―0の4回無死三塁からバックスクリーンに飛び込む1号2ランを放った。

 1ボールからの2球目、内角低めの直球を捉えた一打に「思ったよりも飛んだ。インコースは頭にあった。犠牲フライを打つ気持ちで、強振せずに捉えられた」。春のリーグ戦では早いカウントから内角を攻められた経験を生かし、結果につなげた。

 ▼中大・古賀主将(駒大に完敗し)秋は絶対に優勝という気持ちでやってきた。リーグ戦は2カ月ある。切り替えたい。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月14日のニュース