ブルージェイズ・ゲレロ 大谷に並ぶ44号!父の最高本塁打数にも到達

[ 2021年9月14日 02:30 ]

ア・リーグ   ブルージェイズ22ー7オリオールズ ( 2021年9月12日    ボルティモア )

<オリオールズ・ブルージェイズ>44号本塁打を放ったゲレロ(ゲッティ=共同)
Photo By ゲッティ=共同

 ブルージェイズ・ゲレロがオリオールズ戦の2回に左翼へ44号ソロ。8月29日の時点で最大5本差だったエンゼルス・大谷に再び肩を並べた。ここ8戦5発。チャーリー・モントーヨ監督も「(若手選手は)初のフルシーズン。疲れた時にアジャストする必要があるが、彼はうまく対応している」と、弱冠22歳の大活躍に目を細める。

 これで父のゲレロがエクスポズ時代の00年に記録したキャリアハイの本塁打数にも並んだ。リーグ1位の打率.319、3位タイの102打点と合わせて3冠王も視野に入れる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月14日のニュース