阪神2軍 19連勝へ、任せたぞ!栄枝 骨折から復帰後は19勝2敗 「守備練習が結果につながっている」

[ 2021年9月14日 05:30 ]

阪神・栄枝
Photo By スポニチ

 2軍新記録を更新する18連勝中と、快進撃を続ける阪神で輝きを放つのが、ドラフト4位の栄枝だ。18連勝中は13試合で先発マスクをかぶり、リードと強肩で貢献。3月下旬に右肋骨を疲労骨折したが、6月の復帰後は捕手として先発した試合で19勝2敗4分けと結果を残している。

 「負けた2試合ははっきり覚えている。それを糧に守備練習とかやってきたので。そういうのがいい結果につながって、自信を持ててやれている」

 リハビリ期間中に1、2軍問わず試合を見続け、投手陣を研究。「この投手はこういう組み立て方なんやと学べて、ケガ明けてから余裕を持ってできている」と手応えを深めてきた。ソフトバンクと覇権を争う残り12試合。「(自分の思いとして)優勝に導くというのはある」と気合を入れ直した。

 ○…18連勝と2軍プロ野球記録を更新中の阪神が、天王山に臨む。14日から甲子園で迎え撃つのは、ゲーム差なしで2位に付けるソフトバンク。平田2軍監督は「面白いねえ! 最後の直接対決なんでね。選手たちがどういう力を見せてくれるか、ワクワクだね」と大一番で選手らの躍動を期した。二保、中田、藤浪の順で先発を務め、2軍調整中の佐藤輝も引き続き「4番・右翼」で出場する予定だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月14日のニュース