野沢少年野球クラブ、結成23年目で初出場初勝利 小山兄弟が投打で躍動

[ 2021年8月19日 05:30 ]

高円宮賜杯第41回全日本学童軟式野球マクドナルド・トーナメント第2日   野沢少年野球クラブ6-2AKT城東野球軍団 ( 2021年8月18日    新潟県 )

<野沢少年野球クラブ・AKT城東野球軍団>5回1失点の好投で野沢少年野球クラブの初戦突破に貢献した小山蒼
Photo By スポニチ

 ハードオフ新潟など新潟県内5会場で1回戦の残り14試合を行った。野沢少年野球クラブ(長野)は初出場で初勝利。19日は2回戦16試合が行われる。

 野沢少年野球クラブは結成23年目で初出場初勝利。初回、AKT城東野球軍団(愛媛)に先制されたが、4回2死二、三塁から8番・小山翔の左越え2点三塁打で逆転。続く渡辺翔の中前二塁打で加点すると、7回には4番・中山の左越え2点本塁打などで突き放した。

 投げては小山翔の兄で左腕の小山蒼が5回2安打1失点。清水への継投も決まり、うれしい全国初白星を飾った。小山兄弟は「目標は全国制覇」と声をそろえた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月19日のニュース