×

米子東 相手を上回る12安打もわずか1得点…あと一本出ず初戦敗退 4元号勝利はお預け

[ 2021年8月11日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権大会第1日 1回戦   米子東1-4日大山形 ( 2021年8月10日    甲子園 )

<日大山形・米子東>試合に敗れた米子東ナイン(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 史上初の達成へ、最初に挑戦する権利を持っていた米子東だったが、「4元号勝利」はお預けとなった。日大山形を上回る12安打を放ちながら、あと一本が出なかった。9回には4連打を浴びせて1点を返し、相手エースをマウンドから引きずり降ろしたが、後が続かなかった。

 悔しい初戦敗退。それでも持てる力は発揮した。特に5回から救援した2年生右腕・藪本鉄平は4回1失点と輝きを放った。岐阜出身で、メンバー中、唯一の県外出身者。2年前の聖地での戦いを見て文武両道に憧れた。そして門を叩き、下宿生活の今に至る。「3年生のためにも勝ちたかった」と藪本。鳥取大会4試合で5本塁打を放った4番の太田舷暉ら、この日のスタメンには計5人の2年生が並んだ。この悔しさを来年への糧とする。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月11日のニュース