東京六大学野球連盟 秋も応援クラウドファンディング実施 各校カラーの「マスク」が返礼品

[ 2021年7月19日 20:01 ]

東京六大学野球連盟のクラウドファンディング
Photo By 提供写真

 東京六大学野球連盟は19日、今秋リーグ戦の日程を発表。9月11日に東大-慶大、早大-法大で開幕する。また、今春に続いて秋もマスクによる応援クラウドファンディングを実施することになった。

 支援金を募った上、「応援マスク」を6校それぞれのバージョンで制作。売上を各大学野球部に寄贈し、支援者には返礼品としてマスクを贈る。マスクは公益財団法人日本ユニフォームセンターが協力し、不織布製の「東京六大学野球応援マスク」を製作。購入したマスクをつけて感染予防をしながら、神宮球場へ足を運んでもらいたいという願いが込められている。マスク4枚セット1000円から支援が可能だ。

 今秋リーグ戦は有観客で開催する予定だが、入場可能な人数の制限などは政府からのイベント開催制限に準ずるとしている。

 同連盟は昨年、コロナ禍で全国の春季リーグ戦が中止となる中、8月に唯一リーグ戦を開催。この時は応援団なし、観客を上限3000人とした。昨秋リーグ戦は観客が上限5000人までとなり(最終週の早慶戦は1万2000人)、応援団は外野席のみで応援可能とした。今春リーグ戦もシーズン途中から東京都にまん延防止等重点措置、緊急事態宣言が出され、一部試合が無観客となった。

 詳細は下記サイトまで
https://motion-gallery.net/projects/big62021a

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月19日のニュース