明桜・風間「球打」 野球一家で育った4兄弟の三男 長男は「球道」次男は「球星」四男は「球志良」

[ 2021年7月12日 05:30 ]

全国高校野球選手権秋田大会2回戦   ノースアジア大明桜4―0能代 ( 2021年7月11日    こまちスタジアム )

<能代・ノースアジア大明桜>試合に勝利しスタンドに向かってあいさつする風間(中央)らノースアジア大明桜ナイン(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 野球一家の風間4兄弟は「球」を名に持つ。父の啓介さんが大好きだったという水島新司氏の人気野球漫画「球道くん」にちなみ、長男を「球道」と名付け、次男は「球星」、三男は「球打」、四男は「球志良」と続いた。山梨で育った4兄弟。球道さんは山梨学院で内野手、球星さんは甲府工で捕手としてプレーし、末っ子の中学生・球志良君も野球をしている。

 最後の夏を迎えた三男の初陣。球道さんは実家のある山梨県甲州市から応援に駆けつけ、「伸び伸びと野球をやるところは小さい頃から変わらないが、大人になった」と成長を喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月12日のニュース