全足利クラブ 市政100周年を全国初勝利で飾れず「企業チームの壁は簡単ではなかった」

[ 2021年7月3日 05:30 ]

第46回社会人野球日本選手権 1回戦   全足利クラブ0ー3日本生命 ( 2021年7月2日    ほっと神戸 )

<日本生命・全足利クラブ>先発登板する全足利クラブ・中田(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 全足利クラブは0―3の9回1死から初の連打で一、三塁とし意地を見せたが、連続三振で試合終了。足利市の市政100周年に全国初勝利で花を添えることはできなかった。

 椎名博士監督は「企業チームの壁は簡単ではなかった。1点がどうしても取りたかった」と振り返った。3失点完投の右腕・中田智暁は「もう一踏ん張りできなかったのは反省点だが、楽しむことはできたしパフォーマンスは出せた」と胸を張った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月3日のニュース