中日 首脳陣や選手ら、リーグ戦まっただ中の21日にワクチン接種 説明会で効果や副作用など学ぶ

[ 2021年6月17日 05:30 ]

ワクチンについて説明する三鴨教授の話に耳を傾ける中日の選手ら
Photo By 代表撮影

 中日の首脳陣、選手、スタッフらが16日、バンテリンドームで新型コロナウイルスワクチン接種の説明会に参加した。親会社の中日新聞グループで職域接種が始まることを受けて開催。ワクチンはモデルナ社製で、希望者は1軍が21日、2軍は28日、2回目は7月に接種する見通し。12球団でワクチン接種の具体的スケジュールが公になるのは初めてだ。

 プロ野球とJリーグ合同の新型コロナウイルス対策連絡会議に参加する愛知医科大の三鴨広繁教授がワクチンの効果や副作用について説明。接種日の運動について「避けた方がいい。軽いランニングやキャッチボール程度なら大丈夫」と答えた。加藤宏幸球団代表は「不安の声が上がり、知識を深めてもらうために(説明会を)設けた。接種は強制でなく任意。説明を受けて判断してほしい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月17日のニュース