3・4月度バッテリー賞セ部門は中日・柳―木下拓に決定!「シーズン最初の賞をいただけたことを弾みに」

[ 2021年5月17日 17:00 ]

3・4月度「最優秀月間バッテリー賞」セ・リーグ部門に選ばれた中日の柳裕也投手と木下拓哉捕手
Photo By スポニチ

 スポーツ動画配信サービスのDAZN(ダゾーン)は17日、3・4月を対象にした「月間最優秀バッテリー賞」セ・リーグ部門に中日の柳裕也投手(27)と木下拓哉捕手(29)が選ばれたことを発表した。

 セ部門は、中日バッテリーのほかに、巨人の今村信貴投手―大城卓三捕手、阪神のガンケル投手―梅野隆太郎捕手がノミネート。3月26日から4月25日の間に行われた試合を対象に、選考委員を務める多村仁志さんがこの3組を選出した。ここからDAZN公式ツイッター(@DAZN_JPN)でファン投票が行われ、全1万6250票のうち48%を獲得した中日バッテリーが3・4月の「月間最優秀バッテリー賞」に決定した。

 柳は期間中セ・リーグトップの38奪三振を記録。特に4月17日の広島戦では自己最多の8回14奪三振と好投を披露した。受賞にあたって、「素晴らしい選手がたくさんいる中で、このように選んでいただいて嬉しく思います。これからもチームを勝たせられるように頑張ります。木下さんには引っ張っていただいて感謝しています」とコメントを寄せた。

 木下は昨季の「年間最優秀バッテリー賞」に輝いた“扇の要”。期間中全試合でマスクを被りチームを支えた。「このような素晴らしい賞をいただき光栄に思います。柳が素晴らしい投球をしてくれたおかげだと思います。シーズン最初の、このような賞をいただけたことを弾みに、年間通して二人でチームの勝ちに貢献できるように頑張ります」とした。

 スポーツニッポン新聞社が制定する「2021プロ野球最優秀バッテリー賞 powered by DAZN」では、今シーズンも「月間賞」を継続。セ・パそれぞれ3バッテリーの候補を選出し、DAZNの公式ツイッターでのユーザー投票数で両リーグの「月間最優秀バッテリー賞」が決定する。受賞選手にはDAZN視聴券6カ月分が贈られるほか、投票参加者には抽選で特製モバイルバッテリーをプレゼントするキャンペーンも行われている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月17日のニュース