西武 得意の足攻で見せた ロッテ・朗希攻略の糸口

[ 2021年5月17日 05:30 ]

パ・リーグ   西武6―6ロッテ ( 2021年5月16日    ZOZOマリン )

<ロ・西>4回2死一塁、金子の盗塁を許す佐々木朗(左)(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武が得意の足攻めで佐々木朗攻略の一端を示した。右腕が投げた5回までに今季最多タイの1試合5盗塁。辻監督は「(彼のモーションを見て)走らなくても走るというそぶりで気を使うだろうし、そういうことをしないと、そう簡単に点を取れないと思っていた」と明かした。

 走者を背負った際のクイック投法に課題あり――。西武ベンチはそうにらみ、足でかき回した。若林と金子がともに2つ決め、源田も1つ。クイックでの投球タイムは1秒2を切れば合格点とされるが、5盗塁を決めた際の手元の計測タイムは全て1秒24以上かかっていた。相手捕手・佐藤都の送球難もあった。これでは、リーグトップ16盗塁の若林、12盗塁の源田、2度の盗塁王を獲得している金子を止めるのは至難の業だ。その結果、3盗塁が得点に結びついた。

 辻監督は「フォークがけっこう揺れる。まだ19歳でしょ?凄いな。球が速いし、角度もある」と称えたが、「令和の怪物」の引き立て役にはならなかった。(花里 雄太)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月17日のニュース