×

あぁ、またか…広島 天敵・秋山攻略できず3連敗 借金2まで後退 先発九里が6四球の乱調

[ 2021年4月30日 21:04 ]

セ・リーグ   広島2-4阪神 ( 2021年4月30日    甲子園 )

<神・広(6)> 厳しい表情の佐々岡監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 広島が、天敵・秋山を攻略できず、2-4で敗れ、3連敗を喫した。3連勝した勢いはなく、借金2まで後退した。

 先発の九里が粘れなかった。初回にサンズ、2回には糸原に適時打を浴びるなど、立ち上がりに苦しんだ。特に3回まで5四球(敬遠含む)と制球に苦しむ場面が目立った。5回まで毎回安打を浴びるなど8安打6四球で4失点を喫し、無念の降板となった。

 打線も秋山を打ちあぐねた。5回まで散発2安打で無得点。6回には1死一、三塁の好機を迎えるが、頼みの鈴木誠が遊ゴロ併殺に倒れた。8回に代打・クロンがようやく反撃の3号ソロを放ち、さらに田中広、菊池涼の連打で1死二、三塁の好機をつくると秋山は降板。代打・会沢が2番手の岩崎から右犠飛を放ったが、2死一、三塁から西川が遊ゴロに倒れて、追いつけなかった。

 今季の2敗を含め、秋山には昨年から6連敗中。この一戦で、何とか苦手意識を払しょくしたかったが、またも苦杯をなめた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年4月30日のニュース