ロッテ連勝4でストップ 相手エース攻略できず、井口監督「最小失点で抑えていないと勝てない」

[ 2021年4月9日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1-5オリックス ( 2021年4月8日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>山本が打てず、完敗の井口監督(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテは4点差ながら9回2死満塁と粘ったが、最後は荻野が中飛に倒れた。今月初黒星で引き分けを挟んだ連勝も4で止まり、5位に転落した。

 相手の先発がエースの山本だけに先発・本前が3回までに5失点では苦しい。井口監督は「最少失点で抑えていないと、なかなか勝てない」と振り返り、次回登板については「これから考える」とした。下半身のコンディション不良で開幕2軍だった石川が1軍合流しており、入れ替えの可能性も高そうだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月9日のニュース