×

プロ注目スラッガーが号泣終戦…智弁学園・前川は3度の好機に凡退「みんなに迷惑を」

[ 2021年3月30日 05:30 ]

第93回選抜高校野球大会第9日第3試合 準々決勝   智弁学園4ー6明豊 ( 2021年3月29日    甲子園 )

<智弁学園・明豊>準々決勝敗退に涙の智弁学園・前川(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 涙が止まらない。智弁学園・前川(まえがわ)右京は、明豊の校歌が流れる間も泣きじゃくり、少し時間を置いたオンライン取材でも「みんなに迷惑をかけた」と3度の得点機で凡退した責任を背負い涙をぬぐった。

 3点を追う8回無死一、二塁。1ボールからフォークを引っかけ二ゴロ併殺。好機が一気にしぼんだ。「つないでくれたのに、一番やってはいけないゲッツーになった。自分がつなげなかったから負けた」とうつむいた。

 1年夏から4番を打ち高校通算31本塁打。プロ注目の左の強打者として世代No・1を証明する舞台になるはずだった。巨人の4番・岡本和真から譲られた木製バットを振り込み、迎えた春は3試合で10打数2安打2打点。徹底マークもあり長打なしに終わった。

 「自分のスイングをしっかりやってきたつもりだったけど、結果を出せなかった。何もかも通用しなかったので、もう一度初心に戻って夏を目指す」

 お預けとなった聖地での一発実現に向け、再び、誰よりもバットを振る。(鈴木 光)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月30日のニュース