常総学院 大会史上初のタイブレーク制して初戦突破 延長13回に一気4点

[ 2021年3月24日 18:07 ]

第93回選抜高校野球大会第5日第3試合 1回戦   常総学院9-5敦賀気比 ( 2021年3月24日    甲子園 )

<敦賀気比・常総学院>   延長13回 無死一、二塁 右前に勝ち越し適時打を放つ常総学院・秋本  (撮影・成瀬 徹)  
Photo By スポニチ

 第93回選抜高校野球大会は24日、兵庫県西宮市の甲子園球場で1回戦が行われ、第3試合では常総学院(茨城)が大会史上初の延長タイブレークの末、9―5で敦賀気比(福井)を撃破。5年ぶり10回目の出場で6年ぶりの初戦突破を果たした。

 常総学院は2回、1死満塁で8番・太田和煌翔の1ゴロからの敵失で先制。暴投でも1点を加え、なおも2死満塁では2番・伊藤琢磨の左前2点適時打でリードを広げた。1点差となった8回1死二塁には5番・秋本璃空の中前適時打で2点差とした。

 同点で延長タイブレークとなった13回無死一、二塁から秋本がバスターで右前適時打を放ち勝ち越し。なおも1死満塁で太田和の遊撃超えの適時打、田中隼人の右前2点適時打で4点差とした。

 投げては先発のエース右腕・秋本、3年生右腕・大川慈英が追い上げられながらも、勝ち越しは許さなかった。

 北信越王者の敦賀気比は4点を追う7回無死一、二塁で8番・本田克の投前へのバント安打からの敵失で1点を返すと、代打・渡辺飛雄馬の二ゴロと、1番・東鉄心の右犠飛でも加点し1点差。再び2点差となった8回1死二、三塁には7番・小西奏思の右犠飛で1点を返し、なおも2死二塁から本田の右前適時打で同点としたが及ばなかった。

 また同対戦では敦賀気比の攻撃の9回、1死二、三塁で迎えた4番・大島正樹の打席は大会初となる申告敬遠となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月24日のニュース