日本ハム・上沢 開幕投手へ手応え3回4K零封 栗山監督「ひと安心」

[ 2021年2月16日 19:01 ]

練習試合   中日1―1日本ハム ( 2021年2月16日    北谷 )

<中・日>力投する先発の上沢(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 2019年以来2年ぶり2度目の開幕投手を務める日本ハム・上沢が、練習試合の中日戦に先発。今季実戦初登板で「力が入ってコントロールにばらつきがあった」と反省しながらも、3回2安打無失点、毎回の4三振を奪った。最速は146キロながら直球をテーマに臨み、三振は全て直球。「真っすぐでしっかり押せた。真っすぐで(三振を)取れたのは良かった」とうなずいた。

 15日に上沢に開幕投手を任せることを公表した栗山監督は「力み加減ではあったけど、体の状態は大丈夫そう。ひと安心」と安どの表情。バッテリーを組んだ清水も「真っすぐを多めに投げた中でも、直球が非常に強かった。初戦にしてはある程度投げられていたと思う」と評価していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月16日のニュース