ロッテ 元オリックス監督の森脇氏招へいへ ノムさんも一目置いた野球理論に期待

[ 2020年12月8日 05:33 ]

オリックス監督時代の森脇氏
Photo By スポニチ

 ロッテが来季の1軍内野守備走塁コーチに、元オリックス監督の森脇浩司氏(60)の招へいを検討していることが7日、分かった。井口監督とはダイエー(現ソフトバンク)時代にコーチと選手の関係。01年には遊撃から二塁へコンバートさせるなど、メジャーでも活躍した指揮官の守備の基礎を築き上げたのが森脇氏だ。

 ロッテは今季、リーグ最少の53失策。鳥越ヘッド兼内野守備コーチの指導もあって守り勝つ野球を確立し、打撃陣が低調ながら2位となった。森脇氏もノックの名手として知られており、三塁を守る安田らの守備をさらに磨き上げるため、その手腕が期待される。

 森脇氏はオリックスで監督を務めたほか、ダイエーや巨人、中日で内野守備走塁コーチだけでなく2軍監督、ヘッドコーチなども歴任。研究熱心で、豊富な経験に裏打ちされた野球理論には今年2月に亡くなった野村克也氏も一目置くほどだったという。打倒・ソフトバンクを目指す来季に向け、井口ロッテに心強い存在が加わる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2020年12月8日のニュース