ソフトバンク・甲斐野 右肘手術 復帰まで約3カ月の見込み

[ 2020年12月5日 05:30 ]

ソフトバンクの甲斐野
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは4日、甲斐野央投手(24)が佐賀市内の病院で「右肘関節鏡視下関節形成術」の手術を受けたと発表した。

 復帰まで約3カ月を要する見込み。甲斐野は新人だった昨年は65試合に登板するなど日本一に貢献。だが、今年2月のキャンプ中に右肘のじん帯を一部損傷。自身の血小板を注入して組織の修復を図るPRP注射を受けたが思うように状態が上がらず、2軍戦1試合の登板にとどまっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年12月5日のニュース