日本ハム・中田 札幌ドームMVP賞初受賞

[ 2020年12月4日 11:23 ]

日本ハム・中田(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 株式会社札幌ドームは4日、「札幌ドームMVP賞2020」の野球部門を発表し、今季打点王に輝いた日本ハムの中田翔内野手が初めて受賞した。授賞式は12月6日に札幌ドームで開催する「北海道日本ハムファイターズファンフェスティバル2020」の開演前に行われる。

 対象選手は、「札幌ドームでその年に最も活躍した選手」、「今シーズン顕著な成績を挙げ、かつシーズンを通じて感動的、印象的な名プレーが最も心に残る選手」で、ファン投票による投票結果をもとに検討の上、決定した。賞金は100万円。中田は今季108打点を記録してパ・リーグ打点王に輝き、札幌ドームでの公式戦60試合で61打点、15本の本塁打を放ち札幌ドームでの試合を大いに盛り上げたことが評価された。

 中田は受賞を受け、「ファンの皆さんに選んでもらい、この賞を受賞できて本当にうれしいです。ありがとうございます。今シーズンは無観客でスタートし、しばらくしてファンの皆さんがスタンドに来てくれるようになって、その存在の大きさを改めて実感しました。札幌ドームでのホームラン15本、61打点は皆さんの後押しのおかげです。来シーズンも札幌ドームに応援に来てくれるファンの前でチームを勝利に導くバッティングを見せられたらいいなと思います」とコメントした。

 過去の受賞者一覧
 2004年=新庄剛志選手、B・B(特別賞
 2005年=ダルビッシュ有選手
 2006年=森本稀哲選手、金子誠選手(特別賞)
 2007年=稲葉篤紀選手、ダルビッシュ有選手(特別賞)、トレイ・ヒルマン監督(功労賞)、田中幸雄選手(功労賞)
 2008年=ダルビッシュ有選手(2回目)
 2009年=金子誠選手
 2010年=小谷野栄一選手
 2011年=ダルビッシュ有選手(3回目)
 2012年=吉川光夫選手
 2013年=陽岱鋼選手
 2014年=陽岱鋼選手(2年連続2回目)、稲葉篤紀選手(功労賞)、金子誠選手(功労賞)
 2015年=大谷翔平選手
 2016年=大谷翔平選手(2年連続2回目)
 2017年=西川遥輝選手
 2018年=上沢直之投手
 2019年=有原航平投手

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年12月4日のニュース