日本ハム・清宮マルチ安打 栗山監督に連日アピール

[ 2020年11月25日 12:25 ]

<日・ソ>フェニックス・リーグ、ソフトバンク戦の3回に中前打を放つ日本ハム・清宮 
Photo By スポニチ

 日本ハム・清宮が24日のフェニックス・リーグ、ソフトバンク戦に「3番・一塁」で先発出場して2安打。本塁打を放った前日に続き、栗山監督にアピールした。

 初回に左腕・古谷から腰付近に死球を受け、その後特別ルールでDHに退いたが、3、5回にそれぞれ中前打、右前打を放って複数安打をマークした。試合前には栗山監督と会話。栗山監督はオフに向けての確認事項だったことを明かし「あいつの場合、(オフに入ると)何かふにゃんとなりそう。普通なら分かってるだろうなで分かるけど、“何が”をちゃんと説明しないといけない」と笑顔まじりに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月25日のニュース