DAZN月間バッテリー賞 10月度は中日・大野&木下拓、ソフトバンク・千賀&甲斐が受賞

[ 2020年11月9日 17:00 ]

10月度の月間最優秀バッテリー賞に輝いた中日・大野(左上)と木下拓(右上)、ソフトバンク・千賀(右下)と甲斐(左下)
Photo By スポニチ

 スポーツ動画配信サービスのDAZN(ダゾーン)は9日、10月度の月間最優秀バッテリー賞の2組を発表した。ファン投票の結果、セ・リーグからは中日・大野雄大投手(32)と木下拓哉捕手(28)、パ・リーグからはソフトバンク・千賀滉大投手(27)と甲斐拓也捕手(28)のバッテリーが選出された。

 大野は「2度目の月間バッテリー賞を受賞できて嬉しいです。木下が必死に考えてリードしてくれた成果だと思うので、木下に感謝したいです。ここまできたら、年間バッテリー賞も受賞したい気持ちはあります」、木下拓は「このような素晴らしい賞を3カ月連続で受賞することができ、大変光栄に思います。すべてはピッチャーのおかげだと心から思っています。大野さんと年間バッテリー賞をぜひ取りたいと思います」とコメント。

 千賀は「感激ですね。素直にうれしく思います。(甲斐)拓也はワンバウンドの球でもいつもしっかり止めて、思い切った投球をさせてくれます。これからもそれに応えないといけませんね。昨年のCSでは初戦に悔しい思いをしたので、今度こそという思いです」、甲斐は「2人で獲得した賞なので、ゴールデングラブなど個人の賞とはまた違った喜びがあります。でも9割は千賀のおかげでしょう。今後のCS、日本シリーズでも千賀のいいところを引き出して、2人でチームを盛り上げていければと思います」と受賞の感想を寄せた。

 スポーツニッポン新聞社が制定するプロ野球最優秀バッテリー賞は、30回目を迎える今年度、DAZNを特別協賛に迎え「2020プロ野球最優秀バッテリー賞 powered by DAZN」のタイトルで実施する。また、今シーズンより新たに「月間賞」を新設。DAZNの公式Twitter(@DAZN_JPN)で毎月候補バッテリーを発表し、ユーザーによる投票形式でセ・パ両リーグのバッテリーを「月間賞」として選出している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月9日のニュース