都市対抗野球、全32代表が決定 九州第2代表は西部ガス

[ 2020年10月16日 17:02 ]

スポニチ後援・都市対抗野球九州地区予選最終日 ( 2020年10月16日    宮崎市・アイビースタジアム )

西部ガスは12年創部の恩人で9月になくなった田中優次元社長の遺影も一緒に主将・井手を胴上げ
Photo By スポニチ

 全国で最後の1枠となる第2代表決定戦が行われ、西部ガス(福岡市)が宮崎梅田学園(宮崎市)を3―1で破り、2年ぶり5回目の出場を決めた。

 西部ガスは6回にチーム最年長の松薗史敏(31=九共大)の二塁打を口火に3点を挙げ、2年目右腕の高椋俊平(24=九国大)が8回2/3を投げ、ソロ本塁打による1失点に抑えた。

 これで出場全32チームが決定。西部ガスと第1代表のHonda熊本(大津町)は11月22日開幕の都市対抗野球大会(東京ドーム)に出場する。

 ▽16日の結果
西部ガス3―1宮崎梅田学園

 【表彰選手】
 ▽最高殊勲選手賞 Honda熊本・浜岡直人捕手
 ▽敢闘選手賞 西部ガス・高椋俊平投手
 ▽首位打者賞 Honda熊本・浜中直人捕手(3試合12打数8安打、打率・667)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月16日のニュース