阪神・青柳 7回途中で無念の降板「厳しい形でリリーフにつなぎ悔しい」

[ 2020年9月4日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神4-3ヤクルト ( 2020年9月3日    甲子園 )

<神・ヤ(15)>   7回途中降板する青柳   (撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 阪神・青柳は、6回2/3を9安打3失点(自責2)と粘ったが、同点の7回2死二、三塁で交代が告げられると無念の表情だ。

 「調子があまり良くなかった中で、何とか粘ることができていただけに厳しい形でリリーフにつないでしまい悔しい…」。

 7回は連打で無死二、三塁とされたが2死までこぎつけていただけに、もったいなかった。2―0の4回は無死二、三塁から村上の左前適時打、塩見の二ゴロ併殺崩れで追いつかれた。7勝目はお預けとなったが、先発の仕事は果たしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月4日のニュース